【おすすめレストラン紹介 】フランス料理レストラン「 Chez Jules」でロブスター & ステーキセット

 

こんにちは。エディンバラのタコヤキです。

 

今日のエディンバラは祝日で、午前中は霧が出ていましたが、午後からは見事に晴れてくれました。

 

 

ただ、天気予報では気温が20度ぐらいまで上がるはずだったのですが、17度までしか上がらず、今日も肌寒い一日でした。

 

さて、今日は食べたいものがあって、以前このブログで紹介したフランス料理レストラン「シェ • ジュール (Chez Jules )」に行ってきました。

 

「シェ • ジュール」の過去記事はコチラ↓

 

財布に優しく食と芸術を堪能 〜 「Chez Jules」& エディンバラ国立美術館

 

物凄く混んでいたので、店の外も中も写真は全く撮れませんでしたので、いきなり料理の写真です。

 

まずはサービスでついてくるサラダ。

 

 

ドレッシングがすごく美味。

 

そして今日は、”Surf & Turf” (日本語に訳すと “海の幸と山の幸” といったところです) という名前の、ハーフ • ロブスターとリブアイ • ステーキのセットを注文します。

 

以前からこの店に来る度に、ここのサーフ & ターフを食べたいと思ってました。

 

注文してからワクワクしながら待っていると、料理が運ばれてきました。

 

お、ウマそう!

 

 

かなりサイズの大きなロブスターの後ろには、リブアイステーキが乗っかっています。

 

 

ステーキの焼き加減はミディアムで、ロブスターのソースはガーリックソースをお願いしました。

 

フレンチフライもついてきます。

 

 

では、まずはステーキから一口。

 

 

肉は柔らかく、肉を噛む度に牛肉の旨味が口の中に溢れて凄く美味しいです。

 

そして続いてはロブスター。

 

 

身がプリップリで、弾力性があって非常に新鮮でした。ロブスターもめっちゃ美味です!ガーリックマヨネーズとの相性もバッチリ。

 



 

ステーキとロブスターの身を食べ終えたところで、ロブスターのハサミと格闘します。

 

 

料理と一緒に金具も持ってきてくださったので、

 

 

この金具を使ってハサミを割ります。

 

 

ハサミの中にも、美味しい身がギッシリ詰まっていて食べ出がありました。

 

ロブスターさん、ごちそうさまでした。

 

 

これが自宅だったら、ロブスターの殻を煮詰めて味噌汁か雑炊の出汁にするのにな… と思いながら、食べ終わった殻が運び去られていくのを眺めていました。

 

リブアイステーキもロブスターも物凄く美味しく、量も多かったので大満足です。

 

ちなみに値段は24.9ポンド (約3900円) と決して安いものではありませんが、量と質、そして外食が高いイギリスのレストランだと考えると、これは非常にお得だと思います。

 

やっぱり「シェ• ジュール」のコスパは素晴らしいです!

 

エディンバラ旅行される際に是非オススメのレストランです。

 

そしてランチの後はスコット • モニュメントの前を散歩してきました。

 

 

 

 

 

 

休日でしかも晴れていたので、スコットモニュメントの前でも多くの人が日光浴をしています。

 

 

 

 

そしてプリンシズ • ストリート • ガーデンにもちょこっと寄ってみました。

 

 

ここもかなりの人出です。

 

 

 

 

 

 

英語で「夏の雪」という名前のシロミミナグサの花が咲いていました。

 

 

本当にぱっと見は草に雪が積もっているようです。

 

 

 

ライラックの花もまだまだ元気に咲いています。

 

 

これまでに、雪や桜や他の花とエディンバラ城のコンビネーション写真を撮ってきましたが、エディンバラ城は何と一緒に撮っても絵になります。

 

 

以上、本日のランチと街歩きでした。

 

筆者のエディンバラの “おすすめレストラン紹介記事のリスト” にはコチラからアクセスできます。

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

ブログを更新する励みにするためにブログのランキングに参加しています。

 

下の [イギリス情報] というバナーをクリックしていただけると非常に嬉しいです。よろしくお願いします。

 

それではまた次のブログで。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です