【色溢れる街】リスボンおすすめ観光 & 写真スポット BEST5

 

こんにちは。

 

今回は自分が過去に3年間住んでいたリスボンのオススメ観光スポットをご紹介したいと思います。

 

リスボンは街並みが非常に美しいし、食べ物も美味しいし、気候も良いし、人も優しいので旅行するのにオススメの街です。

 



 

もちろんリスボン単独で旅行するのも良いですし、イギリス旅行の際にヨーロッパでもう一カ国ぐらい行きたいという方にもオススメです。

 

ちなみに自分が住んでいるエディンバラからリスボンまでの所要時間は、飛行機で約2時間45分ぐらいと結構近場です。他のヨーロッパの主要な街からも2時間〜3時間ぐらいで行くことが出来ます。

 

そもそも自分が写真を撮り始めたのはリスボンに住み始めてからです。こんなに色が溢れる美しい街に住んでいるんだから、写真を撮らなきゃもったいないと思ったのがそのきっかけです。

 

それなので、コロナが終わったらまたリスボンに写真を撮りにいきたいと思っています。

 

という訳で、3年間写真を撮りながら歩きまくったリスボンの観光 & 写真スポット BEST5を厳選しましたので、以下にご紹介します。

 

第5位は、ベレン (Belem) です。

 

 

 

ベレンの塔はユネスコの世界遺産に登録されているので、その美しさは保証済みです。

 

特に夕焼けの時間帯のベレンの塔は息を飲むほどの美しさです。

 

また、ポルトガルと言えばエッグタルトを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思うのですが、ベレンにある 「Pasteis de Belem」 というお店がポルトガルのエッグタルト発祥の地です。

 

 

個人的にはここのエッグタルトが一番美味しいと思います。

 

そして第4位はオリエンテ駅 (Oriente station) です。

 

 

1998年に開かれたリスボン国際博覧会に際して建てられたモダンな駅なのですが、昼も夜も、その美しさに圧倒されます。

 

 

 

また、この駅の近くにある、ポルトガル人アーティスト Bordalo II 」が作った大きな山猫のストリートアートも面白いです。

 

 

第3位はビカ (Bica) です。

 

 

 

リスボンは丘の街なので、坂道の上り下りをしなくてもいいように、いくつかの丘にケーブルカーが設置されています。

 

 

特にこのビカのケーブルカーのルートは、いかにもリスボンらしいカラフルな建物も見えるし、川も見えるし、非常にユニークなスポットです。

 



 

そして第2位は、勝利のアーチ (Arco da Rua Augusta) です。

 

 

 

観光客で溢れるアウグスタ通り (Rua Augusta) にある勝利のアーチも絶対にオススメのスポットです。

 

アーチの下から上を見上げると、美しい彫刻が刻まれているのを見ることが出来ます。

 

 

また、あまり広くは知られていないのですが、有料で勝利のアーチの上に登ることも出来るので、それもオススメです。

 

特に、勝利のアーチの上から見る夕方の景色は言葉を失う程素晴らしいです。

 

 

 

 

そして第1位はアルファマ地区 (Alfama) です。

 

 

 

アルファマは古くから続く住宅街です。

 

素朴な雰囲気のかわいい家や、

 

 

アズレージョというポルトガルの装飾用タイルで出来た美しい外壁の家や、

 

 

 

個人的にアルファマの中でも最も美しいと思うスポットは、サンタ・ルチア展望台 (Miradouro de Santa Luzia)です。

 

 

展望台からの眺めが美しいのは勿論ですが、展望台の壁にもアズレージョが施されていて非常に素晴らしいスポットです。

 

 

 

リスボンと言えば、の路面電車「トラム」もアルファマを走っています。

 

 

 

以上が自分が選んだリスボンの観光& 写真スポット BEST 5 になります。

 

上記したスポット以外にもリスボンには美しいスポットがありますので、もしご興味があれば自分のインスタグラムを見にきて下さい。

 

https://www.instagram.com/lisbon_mee_please/

 

今後リスボン旅行をされる方のお役に立てれば嬉しいです。

 

この記事を最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

ブログを続けるモチベーションを高めるためにブログのランキングに参加しています。下の [イギリス情報] というバナーをクリックしていただけるとやる気がみなぎります。よろしくお願いします。

 

ではまた次のブログで。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

 



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です