エディンバラのおしゃれ地区にあるフレンチ • パティスリー ~ La Barantine

 

こんにちは。

 

今日は引っ越しだったのですが、近所への引っ越しだったので午前中に1時間ぐらいで全部終わりました。

 

しかも二人でスーツケース3つ分の荷物しかないので、引っ越し前の荷造りも、引越し後の荷解きも1時間もかからずに終了です。

 

家具付きのフラット (日本で言うアパートやマンションのことです) への引っ越しは楽で良いです。

 

無事に引っ越しも終わったので、お祝いをしたいのですが、相変わらずレストランは皆閉まっているので、スイーツを買って新居でプチお祝いです。

 

という訳で今回は、エディンバラのおしゃれ地区、ストックブリッジにある 「La Barantine 」というフレンチ • パティスリーに行ってきました。

 

 

「La Barantine 」はストックブリッジのメインストリートにあります。

 

 

 

店の外壁は赤。やっぱりオシャレです。

 

 

ショーウィンドウには美味しそうなパンや、

 

 

ケーキが並んでいます。

 

 

店の入口まで入って、ケーキを購入。

 

 

この店も、ロックダウンが始まる前は、座る場所もあっておしゃれなフレンチカフェだったのですが、今はテイクアウトのみです… 

 

ケーキを購入後はストックブリッジ周辺をぶらぶら歩きます。

 

 

 

この建物は6階建てなんですけど、古い建物はエレベーターが付いていないことが多いので、最上階に住んでいる人は大変だろうな… といつも前を通る度に思います。

 

 

 

 

 

無事に散歩も終わり、いよいよプチ引っ越し祝いです。

 

 

箱を開けると、美味しそうなケーキちゃんたちのご登場です。

 

 

こちらはラズベリー & ピスタチオクリームのシュークリーム。

 

 

美味しそうだし、フォトジェニックなシュークリームです。

 

 

そしてもう一つのケーキは、ラズベリー & カスタードタルト。

 

 

こちらも美味しそうです。

 

 

ちなみに値段はどちらも一つ3.8ポンド (現在のレートで約570円) 。

 

自分はシュークリーム好きなので、シュークリームを選択。

 

それではいただきます。

 

 

さっそくラズベリーからパクっといきます。

 

 

ラズベリーの程よい酸っぱさと、甘さ控えめのピスタチオクリームの相性は抜群で、率直に美味しいです。

 

続いてはシュークリームの下の皮。

 

 

やや固めの皮が、本格的なフランスのシュークリームっぽいです。

 

 

そして上の赤い皮。こちらも固めです。色はレッドですが、特にラズベリーの味はしませんでした。

 

このシュークリームは、フォークだと少し食べにくかったのですが、甘過ぎず、重すぎず、上品な味で非常に美味しかったです。

 

ラズベリー & カスタードタルトもパートナーから一口奪ってみたのですが、こちらもラズベリーの酸味とカスタードクリームが絶妙にマッチしていて美味しかったです。

 

 

レストランで引っ越し祝いが出来なかったのは残念でしたが、美味しいしケーキでお祝いできたのでハッピーです。

 

という訳で 「La Barantine」のケーキはオススメです。

 

ロックダウン終了後には、またカフェとして営業すると思いますので、エディンバラ旅行でストックブリッジを訪れた際に、ここでケーキでも食べながら休憩するのも素敵だと思います。

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

ブログを書き続けるモチベーションをアップさせるためにブログのランキングに参加しています。

 

下の [イギリス情報] というバナーをクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。

 

それではまた次のブログで。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です